アクセスカウンタ

<<  2016年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


寿葬屋今年最後の帝都行脚(師走篇)

2016/12/10 12:16
寿葬屋でございます。

師匠も走る師走!それじゃあ万年弟子の寿は跳ばなきゃならないほどの忙しさですが皆様如何お過ごしでしょうか。

さて、先日の初台ドアーズ、ストロベリーソングオーケストラ今年最後の帝都巡業公演、お越しくださいました皆様、有難うございました。前回、初台ドアーズでの「RAMPO〜白昼夢」も記憶に新しいうちに再びお呼び頂きました@works様によるイベント、今回もNINJAMAN JAPAN様とご一緒させて頂き、更に今回は音影様、umbrella様との共演も叶い、かなり激熱な夜となったのではないでしょうか。当一座は先月の渋谷TSUTAYA O-EAST「メンヘラの集い2016」で行った公演の拡大版という形でお送りしましたが、前回残念ながらご覧になられなかった共犯者の皆様も、そして前回を目劇された皆様も、楽しめる内容だったかと思います。

画像


先月の帝都遠征より、わずか二週間後という大急ぎではありますが、今回の旅で私は何を食したのでしょうか。記憶と共に振り返ってみたいと思います。


出発前の5日21時30分、某味園ビル内毒電波事務局本社にて、出発前の準備をせっせせっせと魂こめて行っている寿。続々と團員が集まってくる。

画像


最初に現れたのはメトロウ先生。それから「前借りの男」犬拐、今回の役者紅一点、一日限定モテモテの伐子、胸の奥に何かが詰まったいつも一悶着男虫佐と、ぞろぞろと集合。

これまで、「かっけぇ〜!」だの「ハンパね!」だの「うぅ〜わ!これ絶対美味いヤツや!」だの、入團早々数々の名言を遺してきたメトロウ先生、今回も新たな発言「ド変態じゃないですか!」がメトロウ語録に記載される。

出発前、ちょうど一日の中で鬱が全開になった虫佐、普段絶対に発言しない言葉が彼の意志とは裏腹にどんどん口を衝いて出て来る。

虫「伐子さん、そこのホテル行きませんか…?でもキスはしませんよ…」

伐「お前からそんな言葉聞くとは思わんかったわ!」

娶「ド変態じゃないですか!」

虫「自分が穢れてる気がするのがいいんですよ…」

伐「マザーオブラブやな!知らんけど。」

虫「メトロウ先生、写真撮ると変わりますよね…。なんか、キチガイみたい。」

娶「ド変態じゃないですか!」

虫「頭おかしいんとちゃいます?」



機材車と共に合流した詩母氏、灯嬢。そしてロックスタァ☆キリヒラ氏が現れ、帝都に向けて進軍。

画像


今回の面子は寿、詩母、虫佐、伐子。

出発後間もなく、

寿「誰かお腹減ってない?」

伐「お腹減ったー」

詩「さっきおにぎり食べてたやん!」

伐「食べたけど減ったー」

詩「かわいいなぁ…」

モテモテである。

伊勢湾岸道にて、工場地帯に聳え立つ通称伐子名物「キリン」の前を通る。暗いのでハッキリと姿は確認できず、ライトによるシルエットのみ確認できるが、その巨大さは充分伝わる。

寿「ほら、きりり、キリンやで。」

伐「どこどこ?」

寿「ほら、そこ。」

伐「最悪…(彼女なりの最大の感嘆の言葉)」「う゛あ゛ー死にたい!(同)」

一同爆笑

モテモテである。


浜松SAで夜食休憩。

画像


寿はたぬきうどん。此方のうどんはコシが強くて非常に美味である。

画像


伐子嬢はノーマルに温玉憑き。

画像


詩母氏は鶏天うどん。そして、

画像


これも鬱のなせる業か。相変わらずの深夜ドカ喰い男、虫佐。今回の遠征でハッキリした事だが、虫佐は「隠れ大食い」である事が判明。これまで、チャーリー釘童や森田鐵道の陰に隠れていたが、本人曰く「僕、めっちゃ食べるんですよ」との事。ごめんね、今度ご飯余ったらあげるね。

水代の節約の為に、フードコートの給水機の水を横領しようとする寿、「ペットボトルに入れないでください」の張り紙にビビり、諦める。こんな荒業が出来るのは、チャーリー釘童と叶畫レ夢嬢(2リットル)ぐらいである。

すごすご戻ってきた寿の空ペットボトルを取り、無言で給水機に向かい、10秒足らずで満タンにして戻ってきた詩母氏。一生憑いていくっす!

出発前にフードコート内のテレビに映っていた「みんなのうた」。その時かかっていた曲「エトはメリーゴーランド」がかなりプログレッシブで熱かった。しっかり最後まで聴き入ってしまう一同。

♪ねぇうしとらうーたつぅみぃ〜

あのフレーズは忘れられない。


此処から足柄まで運転手交代。寿と虫佐による激熱トークドライブが始まる。鬱を通り越して極彩色ハイテンション(BUCK-TICK)タイムに入った虫佐。さっきまでとは打って変わって激熱トークを展開。寿、全く疲れる事無く一瞬で足柄到着。ここでの話題は苺楽團内では暗黙のTABOO(BUCK-TICK)ともいうべき過去の恋バナ。その内容に関しましては、プライバシーに関わる事なので、二人の胸の内にそっと仕舞わせてください。

でもこれ、いつか車内の会話とか録音するなりして後で聴いたら爆笑モノのクオリティなんだろうな。で、編集して公開とか出来たら面白いだろうな。


足柄で大休憩。お風呂組と仮眠組に分かれる。寿、夢を見る。

寿「【ハンググライダーを改造したお手製の簡易飛行機でアメリカを縦断。30分程飛行して見知らぬ土地の見知らぬ家に到着。そこの家族に協力してもらい無事に着陸して意気投合。『何をしている』『何処から来た』等の話をした後、日本語を教えてあげるという事で、ジャパニーズ『なんでやねん』をレクチャー。一家大爆笑。】といった夢。」

詩「平成版イカロスやな…」

そんな夢を見ている寿を、いつの間にかメトロウ先生が激写。

画像


娶「いい〜お顔だぁ〜!」

寿「そんな…嘘だろう!?(BUCK-TICK)」

画像


朝食。盛りそばを頂く。

画像


虫佐、相変わらずのドカ喰い。鶏肉が好きな様である。


詩母氏、財布を置きっぱなしにして御手洗いに立つ。座長の目の前で…。おもむろに詩母の財布に手を伸ばし、紙幣を取り出す座長…。

画像


な、懐かしいっ!

画像


座「福沢諭吉が上から目線で怒ってるぞぉ〜」

詩母氏がこの事に気付いたのは実に約6時間後、夕方であった。


再び初台に向けて爆走。DJ HORIBE NO OWARIによる車内BGMはストロベリーソングオーケストラ。

お笑いについて熱く語る詩母氏。余りに過激な為、その詳しい内容は控えるが、全く関係ないのにこの場に居ない門脇モンブランがアホ呼ばわりされるほどに人が変わっていた。

虫「もう芸人の発言ですね。」

正直、彼の姿に私、寿も若干引いたが、きっと僕が人にジョジョを語ってる時ってあんなんなんだろうな…。ちょっと反省…。

そんな寿、一体團員の中で誰が一番好きなのか此処でハッキリさせようという話題に展開。

・チャーリー退團後、彼の話ばかりする未練タラタラ。→大本命?

・詩母と話してる時が一番楽しそう。→元彼?

・メトロウ先生とは先週一緒に寝たしお風呂にも入った。→でもそれはチャーリーと詩母も。

・虫佐とは一度も寝た事はないけど、2回キスした(ライブで頬と鏡町テレビ怪帰)。→隠し玉?

ここで寿のキス遍歴を整理。

・チャーリー→稽古で1回

・ランセ→ライブで2回(共に頬)

・よしえ→スナックよしえで1回

・詩母→ライブで1回(但し、頬は無数)

詩母くんが一番でした♪

目標は久米諒氏ことヨシキ様。しかし、既に初台で乳首を触られる仲になっているので、その日は近い…。


初台到着。

画像


画像


公園ではしゃぐメトロウ先生と寿。ボラギノールのCMみたいである。

画像


家履きのまま出てきたタカハマ嬢。

画像


娶「これが本当の伝統芸能…」

リハーサル前に前回もお世話になった近所の洋食屋さん「キクヤ」様にて、伐子嬢とオムライスを食す。

画像


詩母氏と虫佐とメトロウ先生はサービスランチのAセット。

画像


本当に美味しいです。また初台に来た際には絶対に来ます。しかし、リハーサル直前だった為に、ゆっくり味わう事叶わず業界人並みのスピードで5分でかきこむ。スミマセン、今度はゆっくり来ます。


リハーサル後、会場隣のドトールにて休憩。

画像


普段こんな所来ないので借りてきた猫の様に緊張した。もう何注文していいか分からなくて軽いパニックに陥るんです。

画像


間違えてハニーカフェラテに砂糖をブチ込んだ伐子嬢。激甘で飲めば飲むほどに喉が渇く。飲めなくなったので、寿のカフェラテと交換してあげる。

モテモテである。

これまで、ひたすら一日限定モテモテライフを満喫してきた伐子。先ほどまで「かわいいなぁ…」を連発していた詩母氏の、突然の「しゃくれバカ」発言に、一気に地獄に落とされる。

何の前触れもなく現れる「悪詩母」。恐らく、先ほどのキクヤ様での昼食を味わえなかった事が原因か。食事とお風呂が満足に味わえなかった時、雨の日、必要以上に暑い日、そして電車が遅れている時に突然発現する「悪詩母」。こうなるともう手が付けられなくなる。

今回は音響&映像担当のメトロウ先生、一か所だけ本番直前に不安箇所があった為、納得いくまでひたすら練習を繰り返す。平日の夕方、ドトールコーヒーの店内でひたすら「♪ニャオ〜ン」を連呼する中年男性。


開場。

画像


今回は別動隊の為、無念の不参加だったレ夢嬢。実は事前に仏販準備を手伝ってくれてました。想いは会場まで来てます。

画像


本番終了。怒涛の勢いで撤収。

もはや「寒い」を通り越して「冷たい」東京の夜、大急ぎで機材を搬出。弾丸帰阪。鬼か。

海老名SAで晩御飯。

画像


あつぎ豚のメンチカツ丼(大盛り)。

一気に大阪に向けて爆走。DJ HORIBE NO OWARIによる車内BGMはLUNA SEAファーストアルバムから全音源全曲余すことなく一気がけ。詩母氏のテンションがマックスになり、一瞬で御在所SAまでワープ。

御在所SAで寿と交代。此処でトイレ休憩中、非常に趣のある輩を発見。

画像


この子の名前は「まねケロ」。此方の発する言葉を記憶し、全身を痙攣させながら反芻するという、寿の好奇心を限りなく刺激する代物であった。コイツだけで1時間は遊べる。是非、また会いたいです。是非、貴方にも紹介したい!

早朝に味園到着、機材搬出後、犬、乱、寿で磯丸水産にて打ち上げ。昼前まで飲んでましたが、体力尽きた為にその辺で解散しました。

画像



今回も相変わらずの弾丸ツアーでしたが非常に楽しかったです。帝都の皆様、またお会いしましょう。勿論、今年のストロベリーソングオーケストラはまだまだ続きます。11日の大衆プロレス松山座、20日の大阪MUSEも全力で挑みますので宜しくお願い致します。

1月の一人帝都(赤坂〜中野〜高円寺)
2月の深海魚くん帝都(高円寺〜大塚〜江古田〜池袋)
3月の伊勢
4月の苺帝都(池袋〜国会議事堂〜渋谷〜東京タワー、新宿〜六本木徒歩)
5月の白昼夢帝都(初台)
6月の一人帝都(池袋〜浅草〜阿佐ヶ谷)
7月の西日本(小倉〜広島〜松山〜岡山)
8月のR指定幕張
9月の苺帝都(両国)
10月の苺名古屋
11月の苺帝都(渋谷〜新宿)
12月の苺帝都(初台)

以上、一年に渡り旅日記を記してきましたが、ひとまず寿葬屋による2016年版大劇場帝國日本行脚はこれにて終了です(殆ど帝都だけど)。

勿論、今後も皆様のご要望がある限り続けていきます。来年も色んな場所に顔を出したいと思っております。皆様、今後も宜しくお願い致します。

画像
記事へトラックバック / コメント


ぶっきーお知らせいろいろ

2016/12/05 17:18
画像


寿葬屋でございます。

寒いですね。ついこの間まで余りの暑さにより、勢いのまま半裸で街中を練り歩いてやろうか計画中だったのですが、急激な気候の変化により、どうやらその計画は来年の夏に持ち越しになりそうです。

さて、今日は個人的なお知らせにやって参りましたのよ。

気付いたら、苺以外のところで私寿の小さな動きがちょこちょこ固まってきていたみたいなので、ここら辺でちょいと纏めてみようかなと思いまして。まぁ、云ってしまえば単なる告知でして、いつもの旅日記みたくそんなに面白いモノでもないので軽く読み飛ばしてもらえればと思いますが、うっかり見逃すと勿体ないモノもちらほらあるかもなんで、お酒でも飲みながら、靴下でも脱いで、気楽に覗いてみてください。

先ずは此方。
画像

寿の参加している音楽制作ユニットHN CREATURES。

元合唱部の朱音嬢も参加している此方のユニット、実は今年に入って2枚の新作を発表しております。

一つは此方。
画像

3rdアルバム「響奏リアライズ」

https://youtu.be/69OX_bASwEQ

前作から3年。「HNC3部作」(後付け)の完結編、堂々完成!今回は私寿の露出率も上がり、もうあんなトコロやこんなトコロまで恥ずかしげもなく晒しております。勿論、前回は臨時として参加してくれた朱音嬢の正式加入後のアルバムという事で、彼女メインの楽曲も多数。一回くらいは聴いても損はないと思います。

一枚1500円の激安価格でストロベリー佛販や秘密倶楽部アニマアニムス等で取り扱って頂いてます。勿論、私に直接お声掛け頂いてもOK。密かに下記サイトで通販も行っております。是非!

http://www.akibaoo.com/c/item/2500020394038/?sci_refl=1

このアルバムに収録されている曲のうち、3曲はフルバージョンで公開しております。

「響け」(詩:寿/曲:HN/歌:朱音)
画像

https://www.youtube.com/watch?v=sILtPWgKs3E

「鈍色の空」(詩:HN/曲:HN/歌:朱音)
画像

https://www.youtube.com/watch?v=k8Hcgba8cow

「止まないで、旋律…」(詩:寿/曲:HN/歌:寿)
画像

https://www.youtube.com/watch?v=x1oCc7mRjrE

続きまして、此方。
画像

初のミニアルバム「新約メタモルフォーゼ」。

https://www.youtube.com/watch?v=HOgLESvpVjs&t=7s

かの迷曲「メタモルフォーゼ」の完全リニューアル版。此れを聴かずしてHN CREATURESは語れない。他にも、長年温め続けて結局日の目を見る事の無かった幻の箱入り娘的曲「ディアボロス」、二人が自信を持って作ったにも関わらず、余りに世界観が違い過ぎてアルバム収録選考から漏れてしまったが、折角なんでこの機会に出そうと思った、寿とHN氏を丸裸にした恋する乙女の珍曲を朱音嬢が熱く歌いきる「31 I Scream」、HN CREATURESの原点ともいうべき怪帰曲、2004年作成当時のまま愛をこめて収録のインスト曲「Step」の計4曲。

ミニアルバムだからと云って侮るなかれ。これまでの我々の活動が濃密に凝縮されています。先ずは此れから入るのもまた良し。一枚1000円で苺佛販、アニアニ、下記サイトで取り扱ってもらってます。

http://www.akibaoo.com/c/item/2500020405598/

因みに、迷曲「メタモルフォーゼ」のオリジナル版が収録されている音源は此方。
画像

1stアルバム「空想オルゴヲル」(1000円)

https://www.youtube.com/watch?v=IZqpwoyFiTg

ついでに、意外と名盤との声もちらほら聞く(何処から?)ダークホース。
画像

2ndアルバム「落焔カタルシス」(1000円)

https://www.youtube.com/watch?v=YlYtiOgIkpg

共に苺佛販、アニアニにて取扱中です。

尚、音源は以上の4点ですが、他にも多数の音源を人知れず排出しているHN CREATURES、その一部をYouTubeで御覧になる事も可能です。オリジナル曲、カバー曲、インスト等、幅広く取り扱ってます。過去の作品など、音質も悪く、クオリティの低いものも多いですが、敢えて当時のまま公開中。お暇な時の作業BGMにでもドウゾ。

https://www.youtube.com/user/HNCREATURES

そして、音源と云えば、寿を語る上で此方も紹介しておかねばなりません。
画像

お待たせしました。寿の実母、堀部栄子「能登挽歌」。

苺佛販に置かせて頂いたところ、密かに購入されるお客様がちらほら居るという、カルトな一枚。聴いてみると、息子の私が云うのも何ですが、割りと本格的に演歌してます。話のネタにでも一度お聞きになってみてください。きっと損はさせない…はず。2曲入り、更にオリジナル・カラオケも付いて一枚1200円。アニマアニムスでも取り扱って頂いてます。

https://youtu.be/726vOFrDZbQ

動画あった。マジか…。

続いては此方。

画像


寿の親友。自称深海アイドルの深海魚くんの公式サイトが(今さら)出来ました。

http://shinkaigyokun.wixsite.com/shinkaigyokun

これまでの目撃情報や多数の証拠写真等、面白コンテンツもたくさん。もしまだ知らない方がおられましたら、是非一度覗いてみてください。深海魚くんへの連絡先も記載してるので、彼へのお便りはもちろん、彼にやってほしい事や来てほしい場所など、どんどん送ってみましょう。

そんな深海魚くんからメッセージが届いてます。

「おはようおぉっ!深海魚くんだよ!いつの間にか僕の公式サイトが出来てたよぉ〜♪どんどん充実させていきたいんで、みんなも是非覗いてみてね!来年は僕も内臓が爆発するくらいいろんな所に出没したいなぁ〜♪みんなよろしくね!うおぉっ!うおぉっ!うおぉっ!!」
画像


深海魚くんツイッター
https://twitter.com/shinkaigyokun

まだまだ続きます。お次は此方。

http://gekken-nodojiman.info/

2016年12月29日(木)、アトリエ劇研にて開催、「劇研のど自慢」!

寿葬屋、久しぶりに舞台で歌わせて頂きます。来年夏に閉館となる京都のアトリエ劇研。日頃の感謝をこめて、京都を中心に活躍している俳優たちが、ここぞとばかりに持ちネタで遊び倒す謎の企画。年末のほと忙しい時期に何やってんだって感じですが、こういう時間こそ我々には必要なんだと思います。

私も着々と準備中。忙しい時期ではありますが、お時間ございましたら是非、お誘いあわせの上、お越しくださいませ。公式サイトでは、私もコメント寄せさせて頂いてます。

12月29日(木)アトリエ劇研
「劇研のど自慢」

受付開始:14:20
開場:14:30
開演:15:00
料金:1,500円

出演: 天羽千夜子/大熊ねこ[遊劇体]/大原渉平と吉見拓哉/岡嶋秀昭/京都俳優ラップの会(YOU THE お父ちゃん、MCFJ、ビッグベアー)/寿葬屋[ストロベリーソングオーケストラ]/THE GO AND MO'S(黒川猛・山方由美)/中村こず恵とユニット美人

ゲスト審査員:二口大学/広田ゆうみ

司会:門脇俊輔[ニットキャップシアター/ベビー・ピー]

問い合わせ:
contact@gekken-nodojiman.info
050-5317-4812

劇研のど自慢ツイッター
https://twitter.com/GekkenNodojiman
ステージナタリー
https://t.co/EveIOyBlKC

さて、長々続いた寿的お知らせは以上でございますが、勿論、忘れてはならないのが此方。本日のメインディッシュでございます。
画像

2017年1月15日(日)味園ユニバース「怪帰大作戦 〜暗黒城 味園ユニバース変〜」!

もはや共犯者の方で知らぬ者は居ないであろうこの衝撃的一夜。ストロベリーソングオーケストラ2017年の幕開けに相応しい怪帰な一夜になる事間違いなし。

共犯も、現代のヴィジュアルロック界の異端児R指定様、夏の通夜に引き続き参戦、今回も怪場を狂気の渦に巻き込むであろう首振りDolls様、そして数年ぶりの狂演、怒涛の暗黒ロックの風雲児がどんな化学変化をもたらすか、八十八箇所巡礼様、相手にとって不足なしです。

じわじわとその全貌を明かしつつある「怪帰大作戦 〜暗黒城 味園ユニバース変〜」。是非チケット入手して、この歴史的一夜を目劇してください。

勿論、今年の残りの犯行も見逃せません。12月6日の初台ドアーズ、20日の大阪MUSE、どちらも決して見逃す事の出来ない狂気の宴をご用意致します。

それではまたお会いしましょう。次は今年最後の帝都旅日記ですかね。

寿葬屋でした。
画像
記事へトラックバック / コメント


寿葬屋帝都〜鏡町行脚約一週間の旅(霜月篇)

2016/12/01 03:02
お憑かれ様です。久しぶりに衣装で学生服を着たら、虫佐に「平成教育委員会感が凄い」と云われた寿葬屋です。

25日の渋谷TSUTAYA O-EAST、26日の新宿アンチノック、28日の梅田ジーラのほぼ三連発ライブ公演にお越しくださいました皆様、有難うございました。私にとっては、あれやこれやと先週木曜日の晩に出発し、帰宅したのは翌週火曜日の夜という、まるでツアーの様な一週間でした。

三公演とも全く違う内容の舞台となりましたが、楽しんで頂けましたでしょうか。

25日は大舞台で久しぶりの曲も演奏した「メンヘラ」バージョン、そして主催のR指定様の舞台にも『帝都に死す』とアンコール『病ンデル彼女』に当一座の團員も少しだけ出演させて頂きました。お呼びくださいましたR指定様、誠に有難うございました。来年1月15日の味園ユニバースではまた宜しくお願い致します。

画像


26日は打って変わって怒涛のノンストップ無酸素運動ギグ。セットリストもガラリと変え、連日お越し下さった共犯者の皆様も飽きない内容だったかと思います。私も肺が裂ける想いで挑みました。

そして28日の梅田ジーラでは、魔さかの芸人さんとの共演。この日は演劇要素をどっぷりと盛り込んだ「洗脳教育シリーズ第2弾」となりました。イベントのメインMCを務めてくださったピスタチオ様、大変お世話になりました。こんな感じのイベントも非常に面白かったですね。是非また参加したいです。梅田ジーラ様、3周年おめでとうございます。

画像


さて、それではそんな旅の動向を寿視点で振り返ってみましょう。

24日木曜日、この日は苺役者陣の本番前最終稽古である。綿密な稽古を終え、その足で機材を積み込み、帝都へ向けて出発。相変わらずの強行スケジュール。寿と娶朗先生、機材車のレンタルを済ませ、遅れてきた男、時計詩母と合流。娶朗先生の運転で味園へ向かう。

7月の通夜で既にスピード違反の前科を持つ娶朗先生、「今回は安全運転でお願いしますよ?」「あったりまえじゃないスか!」

云いながら一方通行を逆走する娶朗先生、今回も剛の者である。

24時過ぎに鏡町出発。今回の此方の面子は娶朗、寿、虫佐、伐子、レ夢、7月の通夜と同じ「チーム大作戦」である。実はこの面子には理由があった。ここだけの話、28日のジーラの稽古を道中で行わなければならない程に稽古時間が足りてなかったのである。

ハンドルを握りながら「かあちゃん!かあちゃん!」と叫ぶ娶朗。顔を歪ませて号泣する伐子。どんどんクオリティの堕ちるビートたけしのモノマネを繰り返す虫佐、人殺しの様な目つきでひたすらビンタの素振りをしているレ夢、自身の稽古も忘れて「独りノーカルト」や「独り切断ダリア」を熱唱する寿。車内はカオスである。

大津SAで夜食休憩。

画像


京風ラーメン定食温泉たまご憑きを食す。

画像


虫佐はこんな時間でも豪快である。

画像


「恋人の聖地」で結ばれる洗脳夫妻。

画像


それを嬉々として撮影する寿。

運転再開。浜松で娶朗先生と寿、運転手交代。足柄まで爆走。足柄まであと一歩のところで駿河湾沼津SAで寿の便意が限界。うんこ休憩。しかし、ここで嬉しい収穫。

画像


深海魚の聖地、駿河湾を激写。この海の底にはラブカやメンダコ達がいっぱいいるんだゼ♪

足柄SAでお風呂休憩。寿と娶朗先生は睡眠を優先させる。

休憩後、ノリで伐子嬢に運転席を譲る娶朗先生。伐子「マジか…」

本邦初!これが免許取得後、一度も道路を走ったことの無い者の運転だ!

画像


会場到着〜リハーサル。流石は天下の渋谷O-EAST、スタッフ様の手際も良く、想像以上にスムーズにリハーサルが進む。本番前に娶朗先生と食事休憩。

画像


近所のお蕎麦屋さんにて。お蕎麦屋さんなのにつけ麺風で非常に食べ応えがありました。大変美味しゅうございました。

本番終了。内容に関しましては、目劇された皆様のSNS等でのご感想に委ねますとして、私自身としましては、反省点も非常に多かったですが、沢山のお客様の前でパフォーマンスを行えるという素晴らしい機会を心底楽しませて頂きました。

画像


ありそうで無かったレ夢嬢とのツーショット。

今回、撮影スタッフとして協力してくださったドドメリナさん、バタバタの中、我々の無茶な要望にも快く応えてくださり、本当に有難うございました。また何かの機会にご一緒できる時があれば、一緒にオモロイもん作っていきたいですね。

ホテルに移動し、初日終了。疲労困憊の娶朗先生と寿、セミダブルの部屋で愛を確かめ合いながら爆睡。

画像

画像


当然、お風呂も一緒。これはストロベリー新人男性陣の通過儀礼の様なものである。

画像


因みに余談だが、チェックインの際、我々二人でセミダブルの部屋に入ると伝えたところ、「え…?かなり狭いですが…」と、フロントの方が明らかにドン引きしていた。

更に余談だが、部屋に入る際、何故か鍵を舐めてから鍵穴に挿入する娶朗先生、何の効果があるのだろうか…。

翌朝、娶朗先生が昨晩買っておいて冷蔵庫で冷やしておいた豆乳(1リットル紙パック)を呑む。冷蔵庫がギンギンに冷えていて凍っている豆乳。グラスに注ぐ際、塊でゴボンゴボン出てきた。

寿「普段から豆乳飲まはるんですか?」娶「いや?飲みませんけど?」

なんで買ってん。

ホテルのバイキングで朝食。あったらあるだけ食うてしまうんだな。朝っぱらからおかわりしました。

画像


フロントで集合。空いていた椅子に座って待っていると、そこはさっきまで久米諒ことヨシキ様の取っていた席だったと判明。コンビニでやたら激甘のコーヒーを購入して戻ってきたヨシキ様。寿、椅子から飛び上がり、「椅子を温めておきました!」

ヨシキ様「大義である」

続々と團員集合。糸の切れた人形の様にふらつきながら現れた爆弾娘タカハマ。朝起きたら部屋中血塗れだったらしい。どうやら、ヘロヘロに酔っぱらって打ち上げから戻ってきた際、酒を追加する為に近所のコンビニに向かったところ、派手にスっ転んで両膝を負傷したらしい。全く手当てせずに、本人曰く「血のみ血のまま」出てきたそうだ。

アンチノック会場入りまで時間があったので、娶朗組は上野動物園を堪能。爬虫類館やパンダ、キリンさんやぞうさんを見て楽しみました。幾つかのかわいいどうぶつたちを紹介。

画像


1「プレーリードッグ」

画像


2「ぞうの尻」

画像


3「怪鳥ハシビロコウを見て興奮する黒ずくめの女達」

画像


4「寿葬屋」(娶朗撮影。本に曰く、「僕は此処で寿葬屋しか見てないですよ」。もはや奇特。)

画像


謎のイベント『人形劇「家畜ってすごい!」』。他にも「家畜教室」とかありました。

牛タンの屋台を発見したレ夢嬢、「動物園やのに牛タン!!」

何がツボにハマったのか、眼鏡が曇るほどのテンションで爆笑している。園内に展示されている牛さんの末路を想像したのだろうか。更に豆腐豚まんの屋台に向かって、「豚まんやって!豆腐で誤魔化してるつもりなん!!」

その理屈やったら動物園でお肉売ったらあかんの?チキンもアウト?時折、彼女の思考回路が全く読めない時がある。

動物園を後にして会場入り、リハーサル。本番前に、帝都に怪帰大作戦のフライヤーを伝播する為に行脚。自主盤倶楽部様、ライカエジソン東京店様、ディスクユニオン新宿様、ライカエジソン原宿店様、新宿LOFT様、伝説的ドラマーPAZZ様のお店ラーメン御天様、そして新宿アンチノック様に置かせて頂きました。有難うございました。

毒電波撒き散らしの前に腹ごしらえ。ラーメン御天様は仕込中だった為、近所のラーメン屋さんにて。

画像


適当に注文し過ぎて、自分が何を頼んだのか覚えていない寿と娶朗先生。もはや病気である。

本番終了後、そのまま帰阪。相変わらずの怒涛のスケジュール。

海老名SAにて、「うまいもの横丁」で買い物する伐子嬢とレ夢嬢。それを待ち続ける男性陣。その際、流れていたBGMがやたら耳にこびりついて離れなかった虫佐と寿。軽快なフレーズが延々と繰り返していたのだが、あれだけ脳裏に焼き付いたメロディなのに、数時間後には二人とも全く思い出せなくなるという、人間の脳の不思議を実感した瞬間だった。

娶朗先生の爆走でかなり早い段階で岡崎SA到着。フードコートのメニュウは軒並み売り切れ。

画像


夜めしカレー。夜中の3時前である。

画像


疲労困憊の娶朗先生と寿。

明け方に味園到着。機材の積み下ろし後、魔さかの翌日ジーラの稽古。鬼スケジュール。

これで帰ればいいものの、魔さかの打ち上げ。

画像


ここから先は記憶が曖昧である。ただ一つ覚えている事は、次々と團員が帰宅していく中、最後まで残ったチーム屑(此処でのメンバーは、個人の名誉の為に敢えて記しません)は、終電を諦めて飲んだくれていたという事だけである。

28日、最終自主稽古を終えて準備からの梅田へ移動。かなりタイトなスケジュールの中、リハーサルから流れる様に本番。本番中は、魔さかのピスタチオさんにサプライズ出演して頂いたり、本番終了後のトークで私、寿が苺代表でお話しさせて頂いたりと、かなり貴重な体験をさせて頂きました。

画像


この日は別動隊だった詩母氏、本番後に合流。

画像


顔ハメ看板を見るなりはしゃぎまくる詩母氏。かわいいんだからン。

時間の都合で打ち上げには参加できず、撤収から味園へ移動、機材搬出。

画像


機材と共に積み込まれる伐子嬢。

搬出後、そして当然の様に終電を逃し、チーム屑は朝まで飲んだくれる。翌日に最終片付け作業を終わらせ、アニアニで一杯やってから帰宅。

魔さかの5泊6日。殆どツアーと変わらない様なスケジュールでしたが、最高に楽しい一週間でした。お会い出来た皆様、お憑かれ様でした。そして有難うございました。

そして間髪入れずに次は12月6日、またもや帝都、5月の白昼夢公演以来の初台ドアーズです。こちらもドエライ一日になる事間違いなしです。皆様、お誘いあわせの上、是非お越しください。

今年も残すところあと一ヶ月。まだまだやる事有ります。年末まで駆け抜けますので宜しくお願い致します。

寿でした。

画像


おまけ。
「カップルか!」
記事へトラックバック / コメント


<<  2016年12月のブログ記事  >> 

トップへ

鏡町にて 2016年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる