寿葬屋2020年下半期お散歩の記録~神様編

ラストだ!

さて、2020年下半期寿の旅も最終回、神様編を残すのみとなりました。それではいきましょう。祈れ!

これまでのお散歩レポはこちら。
上半期↓
https://kagamimachi.at.webry.info/202007/article_1.html?1609588058
街並編↓
https://kagamimachi.at.webry.info/202101/article_1.html?1609566262
山河編↓
https://kagamimachi.at.webry.info/202101/article_2.html?1609639466

IMG_8599.JPG
神様編のスタートを飾るのは勿論こちら。いや、アベノマスク姿の私ではなく、7月19日に伊勢神宮参拝に行って参りました。朝イチで難波駅から近鉄特急に乗って伊勢まで。
IMG_8600.JPG
到着。午前中はさすがに人が少なかったです。午後からは少しずつ増えてきましたが、それでも例年に比べると少なかったですね。
IMG_8602.JPG
IMG_8603.JPG
参拝。コロナ感染拡大防止で様々なサービスが中止になっていましたが、その看板の文句が全て「時勢を鑑み~」から始まるのが潔くてカッコ良かったです。
IMG_8607.JPG
伊勢志摩応援キャラクターの碧志摩メグさん。そのキャラクター性が不適切だとかなんだとかで色々物議を醸しだした子だとか。別に私は良いと思うんですがね。いや、別に好みとかではなくて、時代に合わせてどんどん新しいものを取り入れる姿勢は大事だと思うんですよね。好む好まざるには関わらず、ね。
IMG_8608.JPG
お伊勢さんに行くと必ず頂く太閤出世餅。程よい甘さと腹持ちのよさが癖になります。
IMG_8610.JPG
IMG_8611.JPG
更に参拝。外宮から内宮まで、全て回ってると一日で4万歩くらい歩くんですよね。
IMG_8612.JPG
IMG_8613.JPG
お馬さん「草新号」。
IMG_8615.JPG
IMG_8616.JPG
鶏に鯉。いきものも充実です。癒されます。
IMG_8618.JPG
IMG_8621.JPG
心身ともに整います。
IMG_8622.JPG
ねんどアイドル「ねんドル」岡田ひとみさんとチェリオのコラボドリンク「なちゅりんご」。前々から気になっていたのですが、何もこんな時に飲まなくても…。
IMG_8624.JPG
パッケージデザインは良いのですが、この飲料の色は禍々し過ぎるでしょう。
IMG_8625.JPG
帰りの電車の時間まで休憩。さすがにヘトヘトです。なんせ始発乗って来てますからね。
IMG_8626.JPG
帰りは「しまかぜ」に乗って。今年も是非参拝したいですね。

IMG_9003.JPG
IMG_9005.JPG
一気に飛んで10月、嵐山に来てみました。朝早くの時間帯で、尚且つ雨というのもあってほぼ貸切状態でしたが、悔しいので後日改めて訪問することにしました。

IMG_9015.JPG
二日後にリベンジ。この日は快晴でした。
IMG_9014.JPG
朝日がとっても綺麗でしたよ。

IMG_9130.JPG
11月、門戸厄神に来てみました。
IMG_9131.JPG
阪急西宮北口駅から宝塚駅を結ぶ「阪急今津線」、全ての駅で下車コンプリートしました。
IMG_9132.JPG
山の上から西宮市の街並みをぱちり。

IMG_9148.JPG
所かわってこちらは滋賀県。栗東の大宝神社です。
IMG_9146.JPG
IMG_9150.JPG
芭蕉の句碑がありました。

IMG_9214.JPG
11月下旬に神戸市長田区の長田神社をお参りしてきました。
IMG_9215.JPG
朝からたくさんの人が参拝されていました。
IMG_9216.JPG
お猫様発見。

IMG_9231.JPG
その二日後に堺市をお散歩。
IMG_9229.JPG
IMG_9228.JPG
履中天皇陵古墳を拝見。

IMG_9239.JPG
IMG_9240.JPG
翌日、神戸市垂水区をお散歩。端丘八幡神社へ。
IMG_9242.JPG
垂水区は海側も素敵なんだけど、どんどん坂を登って行っても素晴らしい景色に出会えますね。

IMG_9473.JPG
2020年ラストはクリスマスイブ、泉佐野市を歩いてみました。午後から雨が降ってきて大変でしたが、長閑な風景を楽しめました。
IMG_9475.JPG
日根神社が見えてきました。
IMG_9477.JPG
街並、山河、神様、全てを兼ね備えた、ラストを飾るに相応しい街でした、泉佐野市。電車の都合である意味神戸や奈良に行くよりも遠いですが、今度はもっと天気の良い日に訪れてみたいですね。

以上、2020年、寿が訪れた街の記録でした。最後まで読んでくださった皆様、本当に有難うございます。

最後に、ここまで読んで頂いた皆様に昨年最も神々しかった写真をご覧になって頂いて、今回のレポートを終了したいと思います。



今年はどんな出会いがあるのでしょうか?それではまたお会いしましょう。



寿葬屋でした。







IMG_8880.PNG

この記事へのコメント