ネタバレ感想【劇場版ドラゴンボールZ 復活の「F」】

【story】
かつて、全宇宙を支配していた悪の帝王フリーザ。しかし数年前、フリーザは超サイヤ人孫悟空との闘いに敗れ、今は地獄で刑罰を受けていた。

だが、フリーザの部下たちは諦めてはいなかった。機は熟し、フリーザ軍は地球でドラゴンボールを集めてフリーザを蘇らせた。復活したフリーザはブランクを取り戻すために真面目にコツコツトレーニングを積み、努力の末身につけたニューブローを引っ提げて、今こそライバルの孫悟空にリベンジを果たすべく、部下とともに地球を訪れたのであった。

その頃、悟空とベジータは、神界において破壊神ビルスの付き人ウイスの下で修業に励んでいた。二人が更なる強さを手に入れてウハウハ喜んでいるその時、地球に危機が訪れていた。

銀河パトロール員のジャコは、知り合いの地球人女性タイツから聞いて、彼女の妹であるブルマの家を訪ねた。フリーザの復活と地球への襲来を伝えて、戦える戦士たちを集めるのだ。最近出番の少ないピッコロ、平和ボケしてすっかり戦士として使いものにならなくなった孫悟飯、気合いを入れて再び頭を丸めてきたクリリン、自己判断で役に立たなそうなヤムチャと餃子を置いてきた天津飯、天下無敵の武天老師、全く戦う気のないジャコ。

正直、誰一人頼りになるメンツは居ないが、取り敢えずたっぷりと尺を使い、無尽蔵に湧いて出るフリーザの部下を手当たり次第に倒していく。十分に見せ場を頂いたところでお役御免、真打のフリーザが登場、同時に神界から悟空とベジータ、見学にビルスとウイスも参上した。

ビルスの存在に驚くフリーザ。このままビルスが戦いに参加すると一瞬で決着がついてしまうが、ビルスは一切手を出さないと聞いて一安心。遂に悟空とフリーザの再戦が実現した。互いに修行の成果を見せ合い、互角の闘いを繰り広げる二人。固唾を飲んで見守る仲間たち。羨ましそうに見つめるベジータ。豪華デラックスパフェに舌鼓を打つビルスとウイス。

ある程度尺を稼いだあと、ここでお互いの切り札を出し合う。フリーザは更なる変身を披露、全身が金色に輝く「ゴールデンフリーザ」へと変身してパワーアップ。一方悟空は、髪と目の色が青色に変化、全身を青いオーラに包まれたかつてない姿に変身。そう、この姿こそ、超サイヤ人ゴッドの状態から超サイヤ人に変身した「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」だ。

何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何を見せられたのかわからなかった。あ…ありのまま今、起こった事を話すぜ!「おれは映画館でウトウトしていたと思ったら、いつのまにか悟空が青くなっていた。」

ゴールデンフリーザと超サイヤ人ゴッド超サイヤ人悟空の激しいバトル。次第に実力差が露わになり始め、悟空がフリーザを圧倒。このまま勝負がつくかと思いきや、油断した悟空をフリーザの部下が不意打ち、思わぬダメージを負ってしまう。すぐさま仙豆で全快するが、ゲーム的に1機死んだノリで、先ほどから自分もやりたがっていたベジータと交替。ベジータも超サイヤ人ゴッド超サイヤ人となり、フリーザを痛めつける。

猫が獲物をいたぶるようにフリーザを追い詰めていくベジータ。もはや全く勝負にならない。ここまで来ると逆にフリーザが可哀そうになってきた。このまま勝負がつくかと思いきや、油断したベジータの前で追い詰められたフリーザが一瞬で地球を破壊、地球は跡形もなく吹き飛んだ。悟空たちはウイスの作った結界により守られたが、ベジータは巻き添えを喰らって消し飛んだ。倒せたはずのフリーザとの闘いがこの様な結末になり、後悔に震える悟空たち。

その時、ビルスがゲーム的なノリでコンティニューを提案、ウイスの能力で時間を戻す。フリーザが地球を破壊する直前まで時間が戻り、油断しているベジータを押しのけ、悟空がフリーザを瞬殺、かめはめ波で消し飛ばす。困惑するベジータを余所に、地球が守られたことに安堵する一同。めでたしめでたし。

…なにそれ?

【review】
びっくりするくらいクソな内容。こちらの想像を上回るような意外な展開は一切なく、徹底的に期待を裏切られまくる。

ビルスの存在で緊張感はゼロ。案の定、何があっても最後はご都合主義で万事解決。ドラゴンボールの力すら超える「なんでもあり」感に、劇場で見ていて溜め息が出ました。フリーザとの闘いもビルスが居る事で最後まで茶番だったし、完全にお邪魔キャラ。何のためにこの新キャラ出したの?

銀河パトロールのジャコと、ブルマの姉タイツの存在。何の説明もなく登場するこの人たち、この頃週刊少年ジャンプで短期連載されていた「銀河パトロールジャコ」を読んでいない人は完全に置いてけぼりを食ったと思う。

唐突に登場する超サイヤ人ゴッド超サイヤ人。前作であれだけ引っ張った超サイヤ人ゴッドを簡単に超越するという、適当な強さの設定。「超サイヤ人ゴッドの状態から超サイヤ人に変身」て、「逆立ちしながら逆立ちする」ようなもんだろ?あと、ゴールデンフリーザも残念過ぎるくらいにダサい。

完全にモブキャラと化した、一時期主役まで務めた孫悟飯。その悟飯と互角の実力の亀仙人。この矛盾しまくった力関係も、この世界が宇宙が一巡したパラレルワールド設定として観ると、まぁ強引に納得できます。

長ったらしいだけで本当につまらない映画でした。まだ見てない人は、怖いもの見たさで一回だけ見てみるのも良いかも。フリーザ復活の際に、BGMでマキシマムザホルモンの「F」がちょっとだけ流れてたくらいが見どころかな。以上。

この記事へのコメント