ネタバレ感想【劇場版ドラゴンボール 神龍の伝説】

【story】
七つ揃えると神龍が現れ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるというドラゴンボールを探して旅する天才少女ブルマは、山奥で一人暮らしている、やたら強くて無邪気な少年、孫悟空と出会い、共に旅をすることになる。途中、スケベな変身妖怪ウーロンや、腕っぷしは強いが女の子には弱い荒野の盗賊ヤムチャらと出会い仲間になる。

一方、グルメス王国の王、グルメスは高価な宝石、リッチストーンの鉱脈が見つかった事により、軍隊を使って国民の住居や豊かな自然を破壊し、宝石の採掘に躍起になる。飽食の限りを尽くすグルメス王は、どれだけの富を得てどんな料理を食べたとしても満たされる事はなく、怪物の様な見た目に変貌していた。そしてドラゴンボールの存在を知った王は、神龍に頼んで永遠に飽きる事ない食事を手に入れようと企む。

王の悪政を許せなかった少女パンジは、世界最強の武闘家、武天老師こと亀仙人に助けを請う為に旅に出る。旅の途中でパンジと出会った悟空たちは、共に亀仙人の元を訪れるが、そこでグルメス王国軍の襲撃を受け、ドラゴンボールを奪われてしまう。かくして、グルメス王国対悟空一行のドラゴンボール争奪戦が始まった。

グルメス王国に乗り込み、国王軍を次々と倒していく悟空たち。しかし、もはやグルメス王に人間の面影はなく、巨大な怪物と化したグルメス王の攻撃に苦戦を強いられる。絶体絶命のピンチの時、王の腹の中に六つのドラゴンボールがあると知ったブルマは、最後の一個を王の口の中に放り込み、あろうことかその状態で神龍を呼び出し、王の体を突き破って神龍が現れる。

願いを言おうとして慌てるブルマやヤムチャの間から、すかさずパンジは国に不幸を生むリッチストーンを無くして、元の自然豊かな国に戻してくれと願う。ドサクサに紛れて二つ願いを言っているように見えるが、神龍は気前よく承ってくれる。国中のリッチストーンが全て消え去り、掘り起こされた村や山々は、全て元通りになった。

【review】
プライムビデオで劇場版ドラゴンボールの映画20作品を一気見しました。これがなかなか面白かったので、一作品ずつ感想を記したいと思います。

原作をベースにしたオリジナルストーリー。微妙にキャラの設定が変わっていたりするが、これは宇宙が一周したパラレルワールドという解釈でいきます。そうやって、劇場版のストーリーを一本に繋げて無理やり辻褄を合わせて観ていくと、これがまた傑作になったんですね。それはまた追い追い。

悟空たちメインキャラの登場とドラゴンボール探しの旅という、最もこの物語を象徴したお話しになっています。後半の作品は、一時間ひたすら殴り合いみたいな話ばかりなので、ある意味この辺の初期映画が一番面白かったりするんだな。

ヤムチャの側近プーアルはウーロンの同級生なのだが、原作と違い二人は「南部変身幼稚園」ではなく「南部妖怪幼稚園」出身で、変身能力はウーロンの専売特許となっている。プーアルの存在意義とは…。

悟空や亀仙人まで利用して、見事に本懐を成し遂げた強かな少女パンジの一人勝ちのラスト。こちらの予想を裏切るラスボスの倒し方など、非常に見応えのあるストーリー展開でした。あと、少女時代のブルマの可愛さたるや、やはりこの人がこの作品のメインヒロインなのだなと再認識しました。

この記事へのコメント