鏡町にて

アクセスカウンタ

zoom RSS あれ!体が血まみれだ!

<<   作成日時 : 2018/10/01 09:58  

トラックバック 0 / コメント 0

お久しぶりです。ぶっきーです。

画像


皆様、新譜【二十一世紀狂闘旗手】はお聴きになりましたか?

画像


初回特典は「贋作のメルヒェン」のちょっと違うバージョンが2曲も収録されている超豪華仕様!新譜と特典音源をカセットテープやMDに一気に録音して連続して聴くとなんと、「贋作のメルヒェン」が3回連続で聴けます。これは豪華ですよ!私もやってみましたが、3回目のイントロが流れた時は流石に「もうええわ!」とツッコんでしまいました。

さて、

最近、久しぶりにあちらこちらに遠出しましたので、その模様を少しだけ書き記したいと思います。今回は少し重い内容も含むかと思われますので、見るのが辛いと思った方はそこで引き返せ。私も大いなる力に業界から消される覚悟で進めたいと思います。

27日(木)、午前5時起床。この日は兵庫県のとある街でお仕事。

7時にJR大阪駅に到着し、のびのびとうんこを済ませ、津山市逝きの高速バスに乗り込む。平日の高速バスなんてがら空きかと思いきや、結構人が乗り込んで来る。津山市、侮り難し!

静かな車内はお仕事に行く人や観光目的の人など、それぞれ思い思いの格好をした人たちが黙々と着席しているが、よりによって俺の後ろの老婦人二人組のみ、朝食のサンドイッチを頬張りながら(匂いで分かる)姦しく世間話に花を咲かせている。

ぶっきーあるある、この「引き」の強さ。サンドイッチを食べ終わると、次はガサガサとみかんを取りだし、食べ始めた(匂いで分かる)。

そんな「サンドイッチ&みかん媼」を背に約二時間バスに揺られていると、俺の前に座っていた爺さんが、サービスエリアで途中休憩を挟んだ後、見ず知らずの男性と意気投合したのか、隣の席の人に一方的に熱く語りかけている。周囲に気を使っているのか、取り敢えずひそひそ話だが、バスが発車しても話は終わりそうになく、その内容は段々ヒートアップしてくる。

「みかん媼」と「ひそひそ翁」に挟まれながらバスの旅は続く。

結局、俺と同じ停留所での降車だった「ひそひそ翁」、バスを降りてから誰かに電話をかけていたが、その話し声もひそひそモードだ。なんとこのお方、もともと声が掠れている「枯れ声翁」だったのだ。つまり、バス内での会話は、周囲に気を使っているのではなく、彼の中では普通に地声だったのである。

バスを降りてから仕事仲間とのランデブーポイントはここから徒歩5分のホテル。道程を携帯で検索すると出てきた数字は「徒歩17分」!

!?

画像


高速道路のインターが絡んでいるのか、思いっきり迂回する道を示している。土地勘が無いので案内に従う。

その前に猛烈に小便がしたかったのだが、停留所の便所はホラー映画並みに鎖が巻かれていて完全に使用不能。なので近所の駐車場にあった公衆トイレを利用。此方は入ると人の動きを感知して自動で電気が憑くという無駄に豪華な仕様だ。しかし、一瞬どちらが男性用なのか迷ってしまった。その違和感の理由が此方。

画像


掠れ過ぎやろ!「声枯れ翁」か!

そのまま川沿いを歩き、のどかな風景を撮影。

画像


釣り人が川釣りに勤しんでおられました。秋の訪れを感じますね。

因みに先日撮影した、京田辺市の田園風景がこちら。

画像


暫く進むと、広い公園に辿り着く。普通に通り過ぎようとすると、絶対に素通りできない物体を発見。

画像


これ、絶対アウトですよね。

「似せている」だとか、「ちょっと変えている」とかではない。紛れもなく、誰もが知るかのネズミーのヒーローが其処に立っていたのだ。

急いでいた寿も、流石にこれは捨て置けず、慌ててシャッターを切る。

画像


因みに、向かいにはガールフレンドが鎮座しておりました。

この記事により、この公園が根こそぎ消滅していないことを切に願いマウス。

そんな「ミッキー公園」のすぐ目の前にあるホテルでメンバーと合流。

画像


とある中学校での司会のお仕事でしたが、なんと此方の中学校、我々に給食を振る舞ってくれました。給食なんて食べたの数十年ぶりです。私の時代の給食の象徴、銀皿、先割れスプーン、瓶牛乳ではありませんでしたが、非常に美味しゅうございました。御馳走さまでした。

写真を撮り忘れたので、代わりに筑紫もちの写真をどうぞ。こちらも絶品です。

画像

画像


滞りなくお仕事は無事終了。最近は滝の様な雨の中での撤収作業や、ロックフェスばりの大雨の中での本番など、悪条件下での現場が多かったのですが、この日はむしろ真夏の様な炎天下でした。私にとっては天国です。あと、カマキリの死骸が多かった。

帰りも同じバスに乗って帰阪。鎖の便所を横切って停留所でバスを待っていると見覚えのあるハンチング帽。なんと魔さか朝の「枯れ声翁」と再会。ずっと此処に居たの!?

三時間かけて難波に戻り、帝都ワンマン前最後の稽古に向かい、この日は終了。

29日(土)朝4時起床。毒電波事務局に向けて始発に乗り込む。

例によって、土砂降りの中通勤。駅に到着の時点で既に全身ずぶ濡れ。

履き慣れた靴で何故か靴擦れ。

難波に到着直後、折りたたみ傘が壊れる。

いつも通り、幸先良いスタートだ。絶好調。

味園でうんこを済ませ。機材車の到着を待つ。その間、あるお方のお母様からお褒めの言葉を頂き、ご機嫌でサンドイッチをりんごジュースで流し込むと機材車到着。いつもの職人的テトリス積み込み「ブキリス」を披露して、帝都へ向けて進軍。

ほどほどの雨の中、土山SAで小休憩。

なっちマックス、駐車場で迷子になる。

画像

彷徨うなっち。

画像

車を間違えるなっち。

画像

車を見つけるなっち。

画像

喜ぶなっち。

画像

山から下りてきた妖怪。

帝都へ向けて再び爆走。

画像

なっちは爆睡。

車が空を飛ぶほどの娶朗先生の爆走により、会場入り1時間前に新宿到着。この日は昼間に別イベントがあった為、近所の駐車場で待機。その間にメイクタイム。

土砂降りの新宿二丁目の駐車場でメイク。どこまで売れてないねん!

寿の腕時計は電池切れで完全停止。

虫佐がメイク道具を開けると鏡が割れている。

惨めの極みの様な環境で化粧に勤しむ寿、虫佐、娶朗の3人。

おもむろに駐車場に入って来る一台のパトカー。間違いなく我々を狙っているが、無害だと判断したのだろう、ちょっと離れた位置で暫く停車した後、何事もなくおもむろに去って行った。

危なかった。職務質問されていたら、車内に隠していた首吊り縄や包丁が見つかっていたところだ。

会場入りしてから直ぐにリハーサル。開場時間直前まで念入りにチェックを行ったあと、客入れ中に楽屋でメイク。Zirco Tokyoの楽屋はとても広く、一人一人が鏡前の席を使える程に贅沢だ。

まるで売れっ子だ。

恵まれた環境でメイクに勤しむ團員一同。

警察に見守られながら土砂降りの駐車場で化粧した俺らの立場は?俺の衣装は鞄に雨が沁み込んで湿っているどころかもはや濡れている…(涙)。

オンタイムで開廷。此方の模様は、沢山の陪審員の方々による素晴らしいお写真がツイッターにて公開されておりますので、そちらをご覧になって頂ければと思います。

個人的な感想としましては、ちょいと反省点が至る所に目立ちましたが、楽しく無事に終える事が出来ました。皆様も楽しんで頂けましたでしょうか。

黒田被告の判定結果は「有罪」。刑罰として皆が撤収する中、名曲【まちぼうけ】を独唱しておりました。

因みに、奴は最後に「無罪だったら【テ・キベクナ レ・テスエナ】を歌ってた。」などとのたまっておりましたが、アレはウソです。そう聞かされていたのは彼だけで、実はドッキリで、もし無罪だったら僕が堀部栄子の【能登挽歌】を熱唱する事になってました。

画像


まあ、彼の一言のお陰で、魔さかの前代未聞の「無罪コール」が会場に鳴り響き、その後、座長の新ネタ【座ック・ニコルソン」が生まれたので良しとしましょう。

画像

画像はツイッターより拝借致しました。有難うございます。

台風を憂慮して、終演後は速攻で撤収、弾丸帰阪。

さすが、夜の新宿は昼間よりも騒がしい。搬出を終えて、会場前で機材車の到着を待っていると、おもむろにやって来た黒人男性に声をかけられる。

「オニイサン、チョウシドウ?」

「もう最悪やわ」

「オンナノコとオサケノンデ、タノシイヨ?」

「台風恐いね〜」

「チョットダケミテ、ヨカッタラ入ッタライイヨ」

「イエス、高須クリニック!」

ダニー(仮名)と熱く語り合った後、積み込みを終えて出発。海老名SAでお夜食。

画像


家系ラーメン(800円)を頂きました。いつものフードコートの中華屋さん、毎回レ夢嬢が好んで食していた紅虎黒胡麻担担麺が無くなってた。

因みに、メンバー御用達の奥の定食屋さんは、エックスTシャツを着た男女で溢れかえっておりました。ちょうどあちらもコンサート帰りだったのでしょう。

それにしても、なんであんなにあっちの定食屋さんにばかり集まるのだろう?

久米氏曰く、「カレーがあるからじゃないっスか?」

さすが鏡町のYOSHIKI、解っている。

海老名SAのフードコートで沢山のエックスファンに囲まれる中、ラーメンを食いながらエックス最大の名曲「GIVE ME THE PLEASURE」を熱唱する鏡町のエックス芸人座長、キリヒラ、久米諒、寿。

天候が悪化する前に、無事に帰阪。出発からまるまる24時間で到着。日帰り帝都ワンマンライブでした。

座長の粋なはからいで茨木で降ろしてもらった寿。今だから言いますが、実はちょっとだけ体調悪かったので死ぬほど助かりました。

帰宅後、気絶するように爆睡。夕方に起床。台風に備えてこの日は終了。事務作業である公演の後片付けは後日に持ち越し。

これにて、取り敢えず「狂闘裁判」は閉廷でございます。

が、黒田被告にはまだまだ余罪がありそうなので、今後も何処かで彼は裁かれることでしょう。

その日が来るまで、【二十一世紀狂闘旗手】のMVを観ながら待っていてください。

https://youtu.be/ztUj72o-KH8

普段、あまり自分のトコのビデオは観ないのですが、今回の映像の中で好きなシーンが二か所だけありますが、何処かは教えません。

10月は大阪、東京間をウロウロする日が続きます。皆様の前に現れる機会も多いので、また無事にお逢い出来る事を願って…

ぶっきーでした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれ!体が血まみれだ! 鏡町にて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる