【週刊!白昼夢】登場人物紹介~楽器陣篇「東京グロテスク」

コンニチハ。

顔ノ無イ郵便配達夫デス。

5月に入りましたネ。

いよいよ公演間近!

・・・スミマセン・・・もろもろの準備で更新が遅くなっておりマス。。(汗)

が!

奇をしっかりもって!今週の【週刊!白昼夢】、スタートデス!



今回は楽器陣紹介ということで、話題はモチロン5.21怪場でリリースするコレ!でしょう!


新怨源【東京グロテスク】
画像





新曲【東京グロテスク】に加え、2009年発表の【狂れた埋葬虫、電波、赤マント!】の新録も収録しておりマス。

顔ノ無イわたくし、今日は楽器陣にインタビューしてきました!



怨歌/座長・宮悪戦車(ミヤアク センシャ)
画像




合唱部/釵刺灯(カンザシ アカリ)
画像




六弦/犬拐雄叫(イヌサライ ユウ)
画像




四弦/キリヒラランセ
画像





■■■■■■


顔無 「まず、【東京グロテスク】デスが、この曲のテーマを教えてください」

座長 「戯けた化粧を拭うと、そこには希望と絶望の素顔をさらけ出した人々が、無言のポリリズムで息を吐き続けていた。

東京。

日本の核である此の都会は、煌びやかにみえるが、常に道化の化粧が施され、探りあいの呼吸、噂話、フォークロアと云った紛い物のアドヴァートに洗脳されている。

今作【東京グロテスク】は、そんな洗脳社会・大日本帝國東京を風刺した哀歌として、グロテスク=グロテスクの語源である地下墓所・洞窟から睨みを効かし、真のアンダーグラウンド=東狂へと怪帰する楽曲に仕上げてみた。


所々に出没する奇異ワード

【イキテイケナイ】

口に出してしまえばイキテイケナイだが、文字に起こしてみれば、、


生きていけない

逝きていけない


と、生と死の連想もさせ、このグロテスクな東京にはお誂え向きな言葉だと思い何度も何度も声に出しながら、地下の鉛筆ヴァンパイアは殴り書いたのであった。

東京グロテスク。

第三期ストロベリーソングオーケストラの初犯でもあり、そして失踪でもある。

その耳で新たな噂話、フォークロアとして赤い釘付けの日にイキテ欲しい。」



顔無 「ナルホド。いわゆる単純な「グロ」の意味合いでは無いという事なんデスね。

すでにこの曲は大阪・名古屋・東京でお披露目していマスが手ごたえはどうデスか?」


座長 「ストロベリーソングオーケストラを初めて目劇する初犯の方は、演る曲全てが新曲なのは勿論の事、共犯者の方々にも初の新曲となる『東京グロテスク』、、大阪・名古屋・東京と云ったコンクリートジャングルが、ウェルカムトゥ座ジャングルに変貌しておりました。

逆児もひっくり返る大盛り上がり!

まだ生で体験していない其処のキミ、覚悟しておきたまえ!」


顔無 「(さっきとキャラ変わってる…)では他のメンバーはどうでしたか?」

灯 「良かったと思います」

犬拐 「毎回各地で違うノリを見てきましたがそれぞれ楽しんで頂けてたようで良かったです」

キリヒラ 「わりと良いと感じてる」

顔無 「それぞれいい感触だという事デスね!

すでに3.23にレコーディングが終わり、完成が待ち遠しい毎日デスが、レコーディング中のエピソードってありマスか?」

灯 「コーラスのハモりの音を合わせるのが難しかったです」

座長 「六弦・犬拐雄叫から『犬を一匹拐ってから向かいます』と連絡があり、魔さかのギター無しでの歌録りをしてみたら、只の時間無駄遣いになりました。

なので、そのかかった分のレコーディング経費の領収書を犬拐に宅ふぁいる便で送ったところ『チワワとマルチーズは赤ワインにあう』と記載されたPDFで返ってきたので、結局犬拐のギターを録音してから再度僕の歌録りをしました。

ちなみに僕はウクレレで参加しております(寸志トラック)」

キリヒラ 「あー、ありましたね」

顔無 「えっ、チワワとマルチーズが?ウクレレが?」

犬拐 「当日にギターソロのフレーズを考えました。

5時間くらい遅刻したのはそのせいです。

良いソロが出来たので是非聴いて下さい」


顔無 「…ナルホド。

わたくしちょっと混乱してきましたが、なんだか犬拐氏への期待が高まってきました!

さて、いよいよ5.21に本番を迎えマスが、皆さんの意気込みを聞かせてください」

座長 「2005年12月、初台ドアーズにて上演した『白昼夢』から11年。

再び『RAMPO~白昼夢』として現代版に怪帰しました。

今回は暗黒影像を随所散りばめ、現代に於ける噂話・フォークロアのグロテスクな部分を抉り切り取った新しい形の《見世物パンク》を披露出来たらと思っております。

「イベントでこの内容やるか??」な問題作。是非そのマナコで目劇してください」

灯 「頑張ります!」

犬拐 「演奏で頑張ります。役者の皆様と同じ舞台に立てる事を光栄に思います」
 
キリヒラ 「原点でもある場所と演目である事に加え、もう一つ想いを背負う事になった。それはまたいずれ」




■■■■■■


ということで、古参であるところの座長とキリヒラにとっては特別な意味を持つ公演、新メンバーである犬拐と灯にはまだまだ新鮮な「演劇公演」だと。

これは顔ノ無イわたくしも楽しみデス!!


そんな中、かたや役者陣は今週も稽古に励んでおりました。

この日は座長も立ち稽古に参加!

画像



サテ!

週明けには稽古日が増え、いよいよ役者陣+楽器陣合同の稽古も始まりマス。

次週もお楽しみに!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック