【週刊!白昼夢】登場人物紹介~チャーリー釘童

コンニチハ。

顔ノ無イ郵便配達夫デス。

今週も【週刊!白昼夢】のページデス!


ところで皆サン。

白昼夢のフライヤーは届きましたか?

コチラはご登録頂いている方のみにお届けしました。


みんなで作業中の図。
画像



今回は團員が書いたメッセージを同封しておりマス。

約250通の中に1枚だけ某團員が書いた「アタリ」が入ってまして、それを持ってドアーズに来て頂くと(もちろん観劇も!)本人から何かがもらえるというお楽しみ憑きなのデスよ。

も一度お手元のメッセージカードを確認!確認!



サテ!

今週の登場人物紹介はチャーリー釘童(チャーリー クギワラシ)デス。

画像


わたくし、毎度いきなりカメラを憑きつけるのでこんな感じになりマスね。

ハイ。

チャーリーデス。

去年は諸事情で表向きにはほぼ休團していたチャーリー、それこそ屍のような眼つきをしてました 笑。(笑ったらあかん)

それが今はこんな感じデス!ヨカッタ!!

今回のチャーリーの役どころは「野次馬+α」、江戸川乱歩先生の原作で言うと、キ○ガイの演説を聞いている聴衆の一人。

来週以降出てきますが、ちなみに「野次馬」はあと二人おりマス。

この「野次馬」、ただの聴衆なのか・・・?

ワタクシなんか何度も台本を読んでいるうちに、実はコイツら、この「事件」の首謀者の一人じゃないのか・・・?とうたぐっている今日この頃。

演劇なんて(というか何にでも共通すると思いますが)どう観ようがこっちの勝手。

アレとコレって実は繋がってるじゃないのか・・・!と、あとからあとから発見があるのもナマモノの面白さデスよね。

観た人それぞれが違うとらえ方や感想があって、終焉後に回収するお客さんのアンケートはほんと読んでいて楽しいんデスよ(勝手に見てる)



話は戻って、その野次馬チャーリーからコメントが到着しておりマス!


今回は『野次馬』として参加します。チャーリー釘童です。

この『RAMPO~白昼夢』、いつも以上に役者同士のディスカッションが多い!気がする(笑)

舞台を盛り上げる名脇役、名賑やかしを目指して稽古しています。お楽しみに!




ストロベリーの演劇公演は劇中にガッツリ生演奏が入ってきマス。

その曲に合わせた舞踏を演者が担当(振付もほぼ演者で考えてマス)しているんデスが、突拍子もない発想としなやかな筋肉を持つチャーリー、その舞踏にも定評がありマス。

乞うご期待デスよ!



ヨシ。

では、次回は二人目の野次馬「寿葬屋(コトブキ ソウヤ)」に肉薄バキュン!しましょう!




【今週のおまけ】

3.23に行われた新譜【東京グロテスク】【狂れた埋葬虫、電波、赤マント!(新録)】のレコーディング風景をちょこっとお披露目。かなりの自信作!な予感。

このマイクもお久しぶりデス。
画像


頼もしい背中!お世話になりマス!
画像


四弦・キリヒラランセ。溜めに溜めた気合でブリブリ唸らせてましたよ。
画像


六弦・犬拐雄叫(イヌサライ ユウ)彼のおかげで「~赤マント!」がすっかり別モノに・・・!
ちなみにレック中、ビール5本空けました。
画像


役者陣はコーラスで参加。ええ声頂きました!
画像



怨源情報、コチラも進展あれば随時お伝えしマスね。



では、また来週!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック