空手にチョップをつけたら空手チョップになった

画像


おはようございます。いえ、御無沙汰してます、このところしばらく虫垂炎になってました疫馬車虫垂炎です。
本当にここ、鏡町にてで御無沙汰してました。

きっとよく知って下さっている方は、テメー何ブログ書くのサボってやがるんだよ、テメー!こらテメー!なんだバカヤロウ!ダンカンコノヤロウ!って一字違わず思ってらっしゃることでしょう。
でも決してサボっていたとか忘れていたとかそういう系のジャンルの話ではないんです。

じゃあ何してたんだよ、死んで償えよって思ってらっしゃる過激派の方も、この広い日本には5000人くらいはいてらっしゃると思います。

我々、ストロベリーソングオーケストラには、昔からずっと掲げ叫び続けているメインテーマがあります。それは皆様の頭の上にある国家権力のドス黒い糸を断ち切って、非傀儡宣言、反隷属の狼煙をあげて、何からも縛られない世界を創ろうと。
つまり簡単にいうと、自由になろうと。
そう、疫馬車はつまりそれを忠実に行っていたのです!ブログを更新しなければならないという、決められたレールから脱却し、何からも縛られずに自由に生きていたのです!まさにストロベリーソングオーケストラのいう非傀儡宣言!そして勿論こうやってブログに戻ってくるのも私の自由意思です!

て、それって要はサボってたんじゃね?


うん、そうだよ!サボってたんだよ!


すみません!私が全て悪いです!

サボってる間、オメー何をしていたんだよ!クソ野郎!もといウンコ男!!


まあまあ、ここまで引っ張っておいて、散々のハードル上げた結果だ、はっきり言ってそれを凌駕するオチなんて考えてないですよ。

で、結局何をやっていたのか?

さあさあ何のオチも、ボケも考えつかぬまま文章だけが進んでいますよ。

さあどうする?どういうボケをしてまとめる?

それでも文章は進むよ。あと気付いたけど、この文章中身が一切ないよ。情報といえば最初に言った虫垂炎にかかってたことくらいしかないよ。

さあさあもう収集がつかないくらい文章が進んでいるよ。

さてどうする?

もう一度言うよ、この時点で面白いボケは一切思い浮かんでないよ。

よし、話逸らすわ。うん。本当に何のボケも思い浮かんでないからね。

疫馬車がサボって何をしていたなんかはっきり言ってどうでもいいです。そんなことに興味ある人なんてこの世にまずいません。

お前がそうやって言い訳してるうちに人生のうちの数秒を無駄に使っただろ!テメーのことはどうでもいいから、ストロベリーの情報を垂れ流せよ!って声が、いつもボンヤリと見えている蝶々さんより不思議ととてもはっきりと聴こえてきます。

というわけで本題です。前置きは長めの疫馬車虫佐です。御無沙汰してます。しばらく虫垂炎になっていました。

遅くなりましたが先日の心斎橋バロンでの犯行、ご来場頂いた共犯者の皆様、初めて見たという初犯の皆様、参戦有難う御座居ました!

さてそこで、初公開となりました、11月2~4日に大阪中津Vi-codoで行われる演劇本公演『影切のオルグ』の予告篇動画、ただ今YouTubeにて公開されております。

今回は予告篇の撮影の裏話をしたいと思います。

撮影はクソ暑い真夏の昼間、大阪某所にて行われました。

そして撮影場所は、廃墟みたいなめちゃくちゃ雰囲気のあるとこれなんですが、クーラーや扇風機などの冷房が一切ないところでした。
しかも暗い映像にする為に窓を全て新聞などで塞ぎ、一切光が入らないようにしました。その為にどこからも風は入らないし、全てを密閉していたので一見引きこもりの部屋みたいになっていました。
さらに地面には100個のキャンドルに火をつけて、僕らはランタンにも火を灯し、とにかく酸素の薄く死ぬほど暑い部屋で撮影してました。今年一番暑い、熱い撮影でした。
白塗りしてるけどめちゃくちゃ汗が出てくるから、暗くてひんやりと冷たい映像にしたいのに、汗だくだし、かといって白塗りしてからタオルとかで拭けないし。

でもあんなに暑い撮影だったのに出来上がった作品はまるで真冬のような冷たくて暗い映像!さすがアングラ的な作品などを撮り続けている佐藤監督!

そしてロスコからスモーク出すのを上手く操ったりするのなどをスタッフとしてJJさんにも手伝って頂きました。JJさんが来る前は演者が集音マイク持ったり、煙操ったりとても大変でした。有難う御座居ました!

そして映像には一切映ってませんがもう一人の監督として、座長・宮悪戦車が最初から最後までずっと総指揮をとってました。

本当何度も暑さ、酸素の薄さで死にかけましたが、台詞のあるメインの演者のよしえさん、天羽さん、伐子さん、寿さんは、色んな角度アングルを変えて何度も撮影したけど、一度も台詞噛まず間違えず一発OKばかりで、凄い助かりました。さすがですね。

そしてχ子さん、チャーリー、そして私疫馬車は、ランタン持って本当何十回往復したか分からないくらい往復しました笑
映像にはあんまり映ってないけど実は頑張ってマス笑

実にたった数分の映像ではありますが、まる1日かけて撮影でした。編集もかっこよくて、あの死ぬ程の暑さの中、本当に監督の佐藤さん有難う御座居ました!そしてJJさん、苺役者メンバーお疲れ様でした。


って、あれ?詩母さんいなくね?
詩母さん今回本公演出ないの?

いいえ、バチバチ出ます!!

てか実は撮影の日もスタッフとして手伝ってくれてました。

では何故映ってないのか?

ストロベリーソングオーケストラは現実と虚構の狭間をお届けする見世物パンク一座です。

詩母さんはライブの時や演劇作品でも白塗りしてないことが多いですよね。
ストロベリーは現実と虚構を表現してます、つまり、普通の人間の顔(白塗りのない顔)と白塗りはそれに対応してると言えます。

で、今回影切のオルグは、影が主体の話です。影と光は相対するもの。撮影で、光を全て遮っていたのもそういう意図があります。
そして「撮影」という言葉は「影」を「撮る」と書きます。つまり今回は白塗りの虚構の影たちののみを撮っていたのです。

ここまで言えば頭の良い皆様はもう、お分かりですよね?詩母さんが影切のオルグの予告篇に映ってなかった理由…。



そうです…


スケジュールが合わなかったんだよ!どうしても!!


だから詩母さんは撮影後の片付けだけ来てもらったよ!!

詩母さんは何気にプロレスのレフェリーをしたり外部出演も色々してて忙しいんですよ。あと深海魚くんも色んなとこに出演してて忙しいです。

まあでも本公演は全員ガッツリ出ますので御心配なく!

僕も今回ガッツリ出ますよ!てか今回の本公演めちゃくちゃボリュームあります!そして久々の客演として、僕とチャーリーが所属してます月喰遊戯録のメンバーが全員出演します。

そしてすでに座長ブログで発表されてますが本公演で新曲が五曲発表って凄くないですか!しかも全部めちゃくちゃかっこいい!!

で既存の曲もたくさんやります!
チラシにも書いてましたが、今回演劇公演と言ってますがワンマンライブのように、参加しているという生のライブ感も重視した内容となってます。

音楽好きも演劇好きも楽しめる内容になってます!

そして勿論ストロベリーソングオーケストラの命題であるものも、ドンと突きつけるので、お帰りの際にはなにかが胸に残っているはずです。

そんな演劇本公演「影切のオルグ」、ただ今なんば味園ビル二階のストロベリーソングオーケストラ公式のお店である秘密倶楽部アニマアニムスにてチケット発売中です!また当サイトでも予約受付中です!
本番当日は予約の方よりチケット持参の方優先で入場頂くので、早く席を確保したい方はアニマアニムスにてチケットをご購入頂くのをオススメします。

たくさんのご来場お待ちしております。

それでは貴重なお時間長々と失礼しました。最後まで読んで頂き、有難う御座居ました!御無沙汰ぶりの疫馬車虫佐でした!また!

画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック