俺の苺楽團がこんなに「青い花」をやるわけがない。


こんばんわ。初代・朝寝坊月眠。こと疫馬車虫佐です!
最近急に寒くなりましたね。案の定、疫馬車は風邪を引いてしまいました。皆さんも季節の変わり目なんで、風邪などには気をつけて下さいね。

さて昨日は11月3日~4日に行われる演劇公演「箱師」の稽古でした。いよいよ本番まで2週間をきり、稽古も佳境を迎えてます。

疫馬車はストロベリーに入団してはや一年ちょっとになりますが、今回ストロベリーにおける疫馬車史上最大の出番の多さなんで、疫馬車張り切っております!すみません、張り切っております!!二回言いましたよ。ようやくです。未熟な私にもようやくこんなに出番が頂けるようになりましたよ!!
これもひとえに応援して頂いた皆さんのお陰です。
て、なんかもう終わった感を出してしまいましたが、これからですね。

出来立てホヤホヤの新曲も披露されます!これが演舞と混ざってマジめちゃカッコいいんだな。
しかも一曲じゃない!ばりばりストロベリーらしい曲もあれば、まるでストロベリーらしからぬ新境地の新曲もあります!!


今回「箱師」の稽古を通して、演劇公演特にストロベリーはパズルを組み立てる作業に似てるなと感じました。パズルをピースが一つずつ揃っていくんです。台本が出来て、役が決まって、芝居稽古して、曲が出来て、それの練習して、小道具や衣装作って…徐々に出来上がっていく。なんだかわくわくしませんか?
本棚に好きな本のシリーズを買って並べていく感覚にも似てる気がします。
パズルのピースはもうだいぶ揃ってきました。あとは並べていくだけです。だけど、最後のピースをはめるのはお客さんです。演劇もライブもお客さんが参加して初めて完成します。
特に今回は疫馬車の好きなミステリ要素もあるんで、与えられたもので推理して謎を補完をして下さい。
そしてストロベリーソングオーケストラの作品には、脚本・演出家、宮悪戦車の伝えたいメッセージが込められてます。アングラというジャンルではありますが、実はそこには日常我々が関わっている現代社会の非常に身近な問題に対する宮悪ならではの打開策みたいなものが含まれています。

メッセージというものは受け手がいないと成立しません。
そのメッセージを受けてどう考えるかはその人次第です。
そこで初めて演劇というものは完成するのです。

演劇というものは映像作品と違ってナマモノなのでそこしかありません。その時にしか存在しません。なので、お忙しいかもしれませんが、劇場まで足を運んで見に来て下さい。
その価値のあるものをお見せします!是非見に来て下さい!!


昨日座長は「演劇をもっと色んな人に知ってほしい」と語っていました。いつも冗談をよく言う座長のそれとはまるで違いました。
なんだか胸が熱くなりました。

そんなホットな
ストロベリーソングオーケストラの演劇公演第60劇「箱師」、ただ今予約受付中です!

それにしても15周年、60劇目って凄い数!まさに座長の執念!!

ストロベリー15周年の最後の舞台です!今年最後のフルメンバーの舞台です!!


そしてストロベリーソングオーケストラとして今年最後のライブが10月28日南港にて行われます。
特殊メイクのイベントらしいのでこれまた面白そうです!しかも無料!!
こちらも要チェックです!!


それではまた。疫馬車虫佐でした!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック