☆THANK YOU 2010☆

年が明けた瞬間が年でイットーアンニュイ、なキリヒラです☆
今晩和☆
あと数時間で、そんな瞬間を迎えるわけです。
いやはやですな、えぇえぇ。
そんな感じで2010。色々ありました。
そんな中でも『切断ダリア』って曲を形に出来たこと、
個人的には良かったなーって思ってます。

なんで、2010年が終わる、、、
その前に『切断ダリア』が出来るまで~レコーディングの事を
書こうと思います。

まず作るきっかけ。
2010年1月、今年は自分テーマとして‘POP’で‘キャッチー’ってのがあって
血の濫觴以降の今までと違う、、、ってこともないけど、何か新しい感じっていうか、
パッとしたのを形にしたいなぁとか思ってて。(あくまで主観ですが)
っていうのも血の濫觴以降にライブとかしてお客さんとか凄い楽しそうにしてるのを
見てて、単純に嬉しくってサンキューって気持ちを曲でお返ししたいなーと。
それでまた一緒に盛り上がれたら幸いですってのと、
今年4月にやった演劇公演『夢喰』の1曲目で勢いのある感じって注文が座っちーからも来てたんで
そういう意味でもバッチグー、で。
実は既にソレ用に違う曲を作ってたけど、プレゼン1週間前に『これじゃアカンわ』と外をテクテク歩きながら
思って、それでさっき書いたことを思いながら巣に戻って作り始めたらあれよあれよ10分ぐらいで出来ちゃった♪
で、あれは、名古屋でのライブ前、ミュージックファームってライブハウスにあるスタジオで
メンバーに聞いてもらったんやけど、結構『ん?明るくね?』みたいな感じだったの覚えてます。
まー、それでなんやかやで合わせてたけど、やっぱ合わんかねーストロベリーでは、、、
とか実は思ってました、へへ。
そこでこの曲の命を救ってくれたのが↓
画像
鍵盤のキューティーしょこちゃんであります。
この娘さんのイントロの鍵盤フレーズを聴いて、『これはイケル☆』ってなって、やってるうちに
バンドにも馴染んできたしで良い感じになりましたとさ。
だからしょこちゃんは切断ダリアの命の恩人なんス、自分の中で☆
サンクス☆しょこちゃん。

で、いざレコーディングって時に登場するのが↓
画像
プリンスかまちゃんです。
それまでは、しょこちゃんと一緒にZONKーMONKとかErrorってバンドとかやってる蕾神‘グ’ケゴイ氏が叩いてくれてたけど、手数の多い氏のフレーズを生かしつつ短期間で王子ドラムにアップデートしてくれました。
そんな2010なニューフェイスしょこちゃん&かまちゃんを迎えて出来たのが『切断の異學』。
2009年のアルバム『血の濫觴』は自分が入ってから4年間の集大成だったし、あの時点での力は全部出し切ったから、今でも良い作品だと思ってて、まずそれを超えるって事と、メンバーも違うんで今のストロベリーをパックするっていう気持ちがあるから意気込みたるや半端やなかったです。なんで使用するベースも生まれて初めて手にしたベース(ジャパンオールドって呼ばれる頃のフェルナンデスのプレベ)でロックと出会ったキッズの頃と変わらない初期衝動を音に込める!とか思って弾いてました。で、初めてハマルって事も経験しましたwこれがそのベース。ファンタスティックjな音がするんだぜ☆↓
画像
そんなこんなで、POPでキャッチー、ロックンロールの楽しさもストロベリーお得意の泣きな要素も注ぎ込めたんで満足しております。この曲はPVも撮ったし自分にとっても大切な曲になりました。(↓PV撮影時。)
画像
それもこれも、いつもライブを観てくれたりCDを聴いたりしてくれたみんなのおかげ☆
で、このメンバーで切断ダリアを作れたことに感謝☆

そんな『切断ダリア』が生まれた2010年、最高に素敵YEARでした☆
誠にTHANX☆
もし、まだ聴いてない人とかいたらPVも付いてるし是非聴いて観てみて欲しいです☆
ディスクユニオンで買うと代表曲『包丁ロマンス』のCD-Rとオリジナルカードも付いてくるからお勧めよ☆
(特に新宿へヴィーメタル館http://diskunion.net/metal/ct/list/0/716383は凄いプッシュしてくれたりでTHANXです☆)包丁ロマンスはどっかのサイトでキ○ガイな詩の曲ってのでも紹介してくれてたんで聴いてみてねw

って感じで、とんだ長文になってスマンです。
最後まで読んでくれた人は有難う☆

では、あと少しだけど2010を満喫してください♪
よいお年を~☆☆☆

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック